マークしておくべき老人ホーム選びの際のポイント

昨今、超高齢化社会の到来に備えて老人ホームの数はどんどん増えています。一口に老人ホームと言っても「有料老人ホーム」「特別養護老人ホーム」「グループホーム」など様々な種類があり、何処を選べばいいのか迷ってしまいます。

そこで、最低限マークしておいて欲しい老人ホーム選びのポイントと、見学時にチェックすべきポイントをご紹介します。

老人ホームで行われるクリスマス会について

しっかり下調べをする。見学は絶対!

老人ホームについて考える機会は、長い人生においてもそんなにありませんよね。だからこそ、よく理解せず選んでしまい後悔する方が多いです。しっかり下調べをしてホームの種類についても理解した上で、施設見学は行きましょう。

実際に見に行かないことには施設の雰囲気や、入居予定者の性格に合いそうか、など細かいところはわかりません。気になる老人ホームを見つけたら、まずはホームページをチェックし、資料請求をしてパンフレット等を取り寄せましょう。

見学は一人で行かない

できれば入居予定者本人と、お子さまや配偶者、同年代の友人などと一緒に見学に行きましょう。一人では気付けない細かな部分を見落とすリスクを減らせます。見学後に感想などを述べ合うと、より自分たちが重要視すべきところが明確になっていくというメリットもあります。

最低でも3〜4箇所は見に行ってみましょう。

見学は人の多い時間帯に行きましょう

人の少ない閑散とした時間に見学しても、施設の実態や雰囲気はわかりません。人の多い時間帯に見学することで、普段の施設の状態を想像しやすくなります。どんな入居者の方がいるのか、スタッフの入居者に対する態度や、仲が良いかなどもチェックがしやすくなります。

ですので、なるべく人の多い時間帯を狙って見学に行きましょう。おすすめの時間帯は、昼食時や、レクリエーションを行っている時間帯です。

見学時に見るべきポイント①施設は清潔か

掃除が行き届いているか否かは大切なポイントになります。玄関周りや、事務所周りなどがきちんと整頓されているか、床は汚れていないか、埃は溜まっていないかなど、しっかり見ましょう。施設が汚いところは、入居者に対しての衛生管理だったり、対応なども粗雑な可能性が高いです。

見学時に見るべきポイント②スタッフの表情

介護の仕事は決して楽なものではありません。だからこそ本当のお年寄りに対して愛を持って接しているか、スタッフの表情を見れば分かりやすいです。スタッフの顔がイキイキして楽しそうなら大丈夫です。しかしスタッフも同じ人間です。

見学時には見えてこないところもチェックする必要があります。施設の離職率をネットなどで調べましょう。直接聞いてもいいですが本当に離職率が高い場合は、いいようにごまかされてしまうこともあります。離職率があまりにも高い場合は、注意して下さい。

見学時に見るべきポイント③入居者の表情

もし入居が決まったら、同じ入居者の方とは毎日一緒に過ごすことになります。なるべく明るくて、仲良くなれそうな方々が多い方がいいですよね。見学時には、入居者の方の表情もしっかり観察しましょう。入居者同士の仲も良さそうかもチェックしてみて下さい。

可能であれば実際に入居者の方とお話ししたり出来ると、なお雰囲気を掴みやすくなります。

見学時に見るべきポイント④食事はきちんとしているか

入居後に、施設の食事が口に合わないと、かなりのストレスになります。どんな食事が提供されているかは、重要なチェックポイントです。月間の献立表などにも目を通し、食材やメニューの偏りがないかなども見ておきましょう。

また、咀嚼力や飲み込む力が衰えている方の場合は、介護食に対応してもらえるのかも確認しましょう。糖尿病などの持病やアレルギーを持つ方の場合は、施設が個別食を用意してくれるのかも確認する必要があります。

見学時に見るべきポイント⑤家族との面会について

入居者と家族はいつ、何処で面会出来るのかなども、チェックしておくべきところです。家族用の食事は用意されるのか、家族の宿泊は可能か、なども確認しておきましょう。

施設によっては、家族と面会するための部屋としてゲストルームやファミリールームが用意されているところもあります。

見学時に見るべきポイント⑥体調急変時のサポート

今は元気だとしても、将来いつ何が起こるかは誰にも分かりません。緊急時の医療サポート体制は、入居者にとっても家族にとっても大きな安心材料です。医療機関との協力体制や、緊急時の対応も確認しておきましょう。また、訪問診療はあるか、退去が必要な疾患はあるか、なども聞いておきましょう。

見学時に見るべきポイント⑦レクリエーションやイベント

老人ホームでは、レクリエーションや季節ごとのイベントが日々行われています。入居者にとっては、これらの行事は入居生活の生きがいや楽しみにも繋がるので、どんな風に行われているかなど見学できるといいでしょう。

スタッフが工夫を凝らして企画や準備を行っているので、その施設の特徴が表れます。

見学時に見るべきポイント⑧実費費用の確認

月額利用料や、入居費用などのお金に関しての事は後々のトラブルになりやすいところでもあるので、しっかり確認しておくことが大切です。というのも、パンフレットに書かれている月額料金には、医療費やオムツ代などの日用品、レクリエーション参加費は含まれていないことがほとんどだからです。

そこで確認しておくべきは、

・オムツ代などの日用品費はいくらくらいか

・レクリエーション参加費はいくらか

・そのほかで必要になる費用はあるのか

以上を質問しましょう。費用については納得のいくまで質問し、疑問点は残さないようにして下さい。

専門家に聞いてみるのも手

見学に行ったけどいまいちピンと来る施設に出会えない、本当にこの施設でいいのか不安、と思う方もいるでしょう。そんな時は紹介センターなど、専門家の意見を聞くのも一つの手です。ネットで探してみるとすぐ見つかりますし、相談は無料のところがほとんどなので、納得するまで探したい方や、専門知識のある方に相談したい方は利用してみて下さい。

体験入居をしてみる

ある程度候補を絞れたら体験入居をしてみましょう。実際に住んでみることで一日の生活の流れや、食事、介護の質、入居者の雰囲気などを見学の時よりもしっかりと肌で感じることが出来ます。体験入居後にイメージと違った場合は考え直せばいいですし、気に入ればそのまま正式に入居することができます

まとめ

老人ホームの見学は必ず行きましょう!施設は清潔か、イベントやレクリエーションの内容はどうか、追加料金はあるのかなど、チェックすべきところは、たくさんありますので、しっかり確認しましょう。老人ホームは人生の有終の美を飾る重要な場所です。

本人もご家族もしっかり納得した上で、ここに入居したい!と思える運命の施設を見つけましょう。